6月18

NYダウ平均の歴史と取引時間。

Categories: NYダウ
0 Comments

NYダウ平均株価について、さまざまな情報をまとめてみました。
みなさんの投資に役立つ内容もあると思いますので、ぜひご覧ください。

NYダウ平均株価は、アメリカの経済ニュース通信社である”ダウ・ジョーンズ社”が算出しているアメリカ合衆国の代表的な株価指数です。
アメリカのいろいろな業種の代表的な銘柄を選出して平均株価をリアルタイムで公表しています。
歴史は古く、1896年に農業や鉱工業といった12銘柄でスタートしました。
今では30社の銘柄の平均株価ですが、当時はわずか12社だったということで銘柄数が増えただけでなく、今では幅広い構成銘柄になっていることも特徴と言えるでしょう。
NYダウ平均株価は世界で最初に登場した株価指数と言われており、ニューヨーク株式の指針として、ひいては世界中の経済指標として日々注目されています。

そんなNYダウ平均は日本時間で何時から始まり、何時に終了するのかが気になる方も多いのではないでしょうか。
アメリカには、日本にはない”サマータイム”という制度が導入されています。
サマータイムとは、夏の間、太陽が出ている時間を有効的に利用する目的で制定されているもので、標準時間より1時間もしくは2時間時計を進める方法です。
日の出時刻が早まる時期である3月から11月にかけて行われるのだそう。
ちなみにサマータイムというのは和製英語で、正式名称は「デイライト・セービングタイム」というようです。

肝心の取引時間に関しては、サマータイム時では日本の午後10時30分から翌朝5時まで、冬時間は午後11時30分から翌朝6時までとなり、1時間遅れとなります。
昼休みが設けられていませんので、この時間帯はぶっ通しで取引が行われているということです。
これからNYダウ平均を使った投資を行っていくという方は、ぜひこのサマータイムを覚えておくことがおすすめと言えるでしょう。
取引においてかなり重要になってくると思います。

6月5

NYダウCFDのおすすめ取扱業者。

Categories: NYダウ
0 Comments

日本のCFD取扱業者には、株価指数を投資対象とした「株価指数CFD」を取り扱っているところがたくさんあります。
もちろん株価指数と言っても日経平均株価(日経225)だけでなく、NYダウ平均、ナスダック100など多岐にわたり、取扱業者によって異なるようです。
ちなみに、CFDとは差金決済取引のことで投資プランなどが単純化していることなどから非常に人気の金融商品となっています。

本項では、NYダウCFDに関して詳しくご説明していきましょう。

NYダウCFD取引の特徴は、ヨーロッパが大きく密接しており、ユーロドル、ドル円、ユーロ円などの為替の影響を強く受けます。
日本で例に挙げれば、ドル安に向かうと株価は上昇、ドル高に向かうと株価は下落するというのが一般的な傾向です。
また、NYダウがオープンする前の直前30分間とクローズする前の直前30分間の欧州株価は非常に重要となります。
特に最後30分に関しては一気に動きが大きくなることもよくあることなので、チャートに張り付いてタイムリーな動向をチェックしておくほうが無難でしょう。

では、NYダウCFDを始めるにあたっておすすめの取扱業者をご紹介します。
それは、『IG証券会社』です。
IG証券はイギリスIGグループの一員であり、世界15か国で活動しているという世界レベルの高品質なサービスが受けられることが特徴。
CFDでの営業収益は世界ナンバーワンということで、多彩なCFDのラインナップがあることも投資家に人気だそうです。

しかも、NYダウCFDに関してはドル建てではなく、円建てで投資をすることが可能。
つまり、為替手数料を気にすることなく取引ができるということです。
もちろんCFD取引におけるスプレッドの支払いは求められますが、狭いスプレッドに徹底しているということもあって低コストで投資ができると言えるでしょう。
さらに1株から取引ができるのでより少ない資金で投資ができることもうれしいですね。

口座開設もたったの4ステップで完了となり、24時間取引を楽しむことができます。
約10分で申し込みが完了するので、手間もかかりません。

5月23

投資関連の役立つブログです。

Categories: NYダウ
0 Comments

みなさんは、資産運用と言えばどんな方法を思い浮かべますか?
最も一般的なものとして銀行預金と答える方が多いでしょう。
ただし、定期預金したとしても金利は悲惨な現状。
一昔前は「定期預金でお金を稼ぐ」、なんていわれていた時代だったようですが、今はそれすらも信じられないような利率と言わざるを得ません。
メガバンクはいずれも0.010%、ゆうちょ銀行も同様です。

もっと手堅く、確実に資産運用をしたいのであれば、やはり投資がおすすめなのではないでしょうか。
一番メジャーな投資と言えば”株”ですよね。
株についてもっと詳しく知りたいという方のために、役立つサイトをご紹介しましょう。
それは、『株の細道』というブログです。
株式入門のためのコラムがたくさん掲載されており、全く基礎知識がない方にとっても分かりやすい内容だと思いました。
実際に私も目を通しましたが、感想としては「この内容なら自分の60歳を過ぎた投資未経験の身内にでも紹介できる」ということです。
理解できる内容ばかりだったので、これから投資を始めてみたいと考えている老若男女に推薦できます。

また、日経平均株価に関するコラムも非常に具体的に書いてくれているので、実践に役立つと言えるでしょう。
ただ日経平均株価の見方が書かれているだけではなく、例えばNYダウとの関連性、相場が動く要因など投資に有利になりそうな情報もたくさんありましたよ。

さらに、いきなり難易度の高い株式投資から始めるのはリスクが心配という方は、「株式投資のリスクが心配なら日経225がオススメ!~投資入門~」という記事を参考にしてみてください。
メリットが多く投資初心者向けと言われている日経225先物取引の説明が記載されています。

より専門的な知識を身につけるには他のサイトも参考にする必要があると思いますが、基礎的な知識はこちらのサイトひとつで蓄えられること間違いなし!
まずはサイトにアクセスして最初から読み進めていってください。

5月17

ファンダメンタルズ分析の重要性。

Categories: NYダウ
0 Comments

FXをはじめとするさまざまな投資において必ず必要となるのが、「ファンダメンタルズ」です。
あまり耳慣れない用語ですが、それもそのはず、経済専門用語となり、市中で耳にする機会はほとんどありません。
ですが、これから投資を始めていきたいと考えている方にとっては絶対に避けては通れない知識となるでしょう。

ファンダメンタルズとは、簡単に言うならば”マーケットの土台”です。
一例として、
・日本の景気
・政策金利
・政治的要因(戦争、内紛)
などが関係して相場は変動します。
この相場を形成する要因こそがファンダメンタルズです。

過去のファンダメンタルズの事例を参考にしてみると、
・2012年11月からドル円が上昇→アベノミクスで大胆な金融緩和(公定歩合の引き下げ=利下げ)が行われた
・2013年9月に株価が急上昇→2020年日本がオリンピックの開催国に正式決定
というように、株価の変動には必ず理由があり、その理由がファンダメンタルズです。
上記でご紹介しているのはいずれも政治要因となりますが、他にも金融政策やインフレ率、さらに地政学的なリスク(テロ、有事)なども挙げられます。
ある程度の大きな流れはファンダメンタルズ分析で予測することができるため、投資家にとっては非常に重要な指標と言えるでしょう。

他のファンダメンタルズとして、「他の金融マーケット」にも注目してみましょう。
世界の金融市場(NYダウ、ドイツのDAX、イギリスのFTSE)などは日本の株価に一定の影響を与えています。
日経平均の下落とともに、ドル円も下落したという結果になったときもありました。

投資で勝ちに行くためには、やはりマーケットの流れを見極めることが最重要です。
それぞれの流れには相場を動かす要因があること、そしてその流行を知ることが大事になります。
そしてその流行に乗って取引をしていければ理想の運用ができるのではないでしょうか。
ぜひ効率的な投資、運用のためにもチェックしてみてください。

5月7

将来のために資産を増やしてみませんか?

Categories: NYダウ
0 Comments

今の生活に満足していますか? 日々の生活が苦にならない程度に節約をして貯蓄をする、趣味など自分の好きなことに没頭できる余裕がある、マイホームローンやマイカーローンの支払いも滞ることなく返済できている、などのように毎日の生活にゆとりがあれば、おのずと気持ちも穏やかになれますね。この生活が長く続けばいいのですが、将来のことは誰にもわかりません。もしかしたら大きな病気をしたり怪我をしたことがきっかけで働けなくなってしまうことも考えられます。自分だけはだいじょうぶ、と過信せず、万が一に備えてみませんか?

そのために資産運用を始めたという方が最近増えてきたそうです。例えばNYダウという言葉を聞いたことがある方も多いとも思いますが、アメリカの代表的な株価指数を意味しています。アメリカの代表となっている30銘柄を指数化したものをさしています。これだけではイマイチ仕組みがよく分からないという方も多いですよね。株を始めるにあたり、専門用語をひとつずつ理解していくことが必要不可欠です。なぜならば、初心者向けの情報コンテンツで専門用語を使っているからです。もちろん、初心者向けなので専門用語ひとつひとつを詳しく説明してくれているので、まったく株のことがわからないという方でも安心して頂けます。

例えばキャピタルゲインという言葉、あまり聞きなれないですよね。こちらは株や債券などを売却したことで利益がでることを意味しています。売却差益のことですね。50万円の株を購入して、それに60万円の値段がついたときに売却すれば10万円のキャピタルゲインが発生します。聞きなれるまでは大変かもしれませんが、幾度となく読み進めていくと、専門用語も株の仕組みも理解できるようになります。まずは自分が納得できる攻略サイトや、証券会社の初心者向けコンテンツを探してみましょう。大事な資産を運用するわけですから、妥協せず根気よく探してみてくださいね。