5月17

ファンダメンタルズ分析の重要性。

Categories: NYダウ
Trackback AddressThis Entry's Feed

FXをはじめとするさまざまな投資において必ず必要となるのが、「ファンダメンタルズ」です。
あまり耳慣れない用語ですが、それもそのはず、経済専門用語となり、市中で耳にする機会はほとんどありません。
ですが、これから投資を始めていきたいと考えている方にとっては絶対に避けては通れない知識となるでしょう。

ファンダメンタルズとは、簡単に言うならば”マーケットの土台”です。
一例として、
・日本の景気
・政策金利
・政治的要因(戦争、内紛)
などが関係して相場は変動します。
この相場を形成する要因こそがファンダメンタルズです。

過去のファンダメンタルズの事例を参考にしてみると、
・2012年11月からドル円が上昇→アベノミクスで大胆な金融緩和(公定歩合の引き下げ=利下げ)が行われた
・2013年9月に株価が急上昇→2020年日本がオリンピックの開催国に正式決定
というように、株価の変動には必ず理由があり、その理由がファンダメンタルズです。
上記でご紹介しているのはいずれも政治要因となりますが、他にも金融政策やインフレ率、さらに地政学的なリスク(テロ、有事)なども挙げられます。
ある程度の大きな流れはファンダメンタルズ分析で予測することができるため、投資家にとっては非常に重要な指標と言えるでしょう。

他のファンダメンタルズとして、「他の金融マーケット」にも注目してみましょう。
世界の金融市場(NYダウ、ドイツのDAX、イギリスのFTSE)などは日本の株価に一定の影響を与えています。
日経平均の下落とともに、ドル円も下落したという結果になったときもありました。

投資で勝ちに行くためには、やはりマーケットの流れを見極めることが最重要です。
それぞれの流れには相場を動かす要因があること、そしてその流行を知ることが大事になります。
そしてその流行に乗って取引をしていければ理想の運用ができるのではないでしょうか。
ぜひ効率的な投資、運用のためにもチェックしてみてください。

Leave a Reply