6月18

NYダウ平均の歴史と取引時間。

Categories: NYダウ
0 Comments

NYダウ平均株価について、さまざまな情報をまとめてみました。
みなさんの投資に役立つ内容もあると思いますので、ぜひご覧ください。

NYダウ平均株価は、アメリカの経済ニュース通信社である”ダウ・ジョーンズ社”が算出しているアメリカ合衆国の代表的な株価指数です。
アメリカのいろいろな業種の代表的な銘柄を選出して平均株価をリアルタイムで公表しています。
歴史は古く、1896年に農業や鉱工業といった12銘柄でスタートしました。
今では30社の銘柄の平均株価ですが、当時はわずか12社だったということで銘柄数が増えただけでなく、今では幅広い構成銘柄になっていることも特徴と言えるでしょう。
NYダウ平均株価は世界で最初に登場した株価指数と言われており、ニューヨーク株式の指針として、ひいては世界中の経済指標として日々注目されています。

そんなNYダウ平均は日本時間で何時から始まり、何時に終了するのかが気になる方も多いのではないでしょうか。
アメリカには、日本にはない”サマータイム”という制度が導入されています。
サマータイムとは、夏の間、太陽が出ている時間を有効的に利用する目的で制定されているもので、標準時間より1時間もしくは2時間時計を進める方法です。
日の出時刻が早まる時期である3月から11月にかけて行われるのだそう。
ちなみにサマータイムというのは和製英語で、正式名称は「デイライト・セービングタイム」というようです。

肝心の取引時間に関しては、サマータイム時では日本の午後10時30分から翌朝5時まで、冬時間は午後11時30分から翌朝6時までとなり、1時間遅れとなります。
昼休みが設けられていませんので、この時間帯はぶっ通しで取引が行われているということです。
これからNYダウ平均を使った投資を行っていくという方は、ぜひこのサマータイムを覚えておくことがおすすめと言えるでしょう。
取引においてかなり重要になってくると思います。

6月5

NYダウCFDのおすすめ取扱業者。

Categories: NYダウ
0 Comments

日本のCFD取扱業者には、株価指数を投資対象とした「株価指数CFD」を取り扱っているところがたくさんあります。
もちろん株価指数と言っても日経平均株価(日経225)だけでなく、NYダウ平均、ナスダック100など多岐にわたり、取扱業者によって異なるようです。
ちなみに、CFDとは差金決済取引のことで投資プランなどが単純化していることなどから非常に人気の金融商品となっています。

本項では、NYダウCFDに関して詳しくご説明していきましょう。

NYダウCFD取引の特徴は、ヨーロッパが大きく密接しており、ユーロドル、ドル円、ユーロ円などの為替の影響を強く受けます。
日本で例に挙げれば、ドル安に向かうと株価は上昇、ドル高に向かうと株価は下落するというのが一般的な傾向です。
また、NYダウがオープンする前の直前30分間とクローズする前の直前30分間の欧州株価は非常に重要となります。
特に最後30分に関しては一気に動きが大きくなることもよくあることなので、チャートに張り付いてタイムリーな動向をチェックしておくほうが無難でしょう。

では、NYダウCFDを始めるにあたっておすすめの取扱業者をご紹介します。
それは、『IG証券会社』です。
IG証券はイギリスIGグループの一員であり、世界15か国で活動しているという世界レベルの高品質なサービスが受けられることが特徴。
CFDでの営業収益は世界ナンバーワンということで、多彩なCFDのラインナップがあることも投資家に人気だそうです。

しかも、NYダウCFDに関してはドル建てではなく、円建てで投資をすることが可能。
つまり、為替手数料を気にすることなく取引ができるということです。
もちろんCFD取引におけるスプレッドの支払いは求められますが、狭いスプレッドに徹底しているということもあって低コストで投資ができると言えるでしょう。
さらに1株から取引ができるのでより少ない資金で投資ができることもうれしいですね。

口座開設もたったの4ステップで完了となり、24時間取引を楽しむことができます。
約10分で申し込みが完了するので、手間もかかりません。